MARGINAL MAN

昨日2019SSのLOOKBOOKが公開された
“MARGINAL MAN”をご紹介します。

【BRAND MEANING】
(由来)異なる複数の集団に属し、
そのいずれにも完全には所属することができず、
それぞれの集団の境界にいる人、
”マージナルマン(境界人)”という心理学の言葉から引用。

【CONCEPT】
様々なモチーフやスタイルを切り取り、
それらの狭間をデザインへ落とし込む、
新しい視点のユニセックススタイルを提案。


今回、大きなテーマとして“ユニセックス”があげられます。
デザイナー自身、メンズライクなスタイルを好んで着ることが多く、
女性ですが、メンズの洋服を買うことも多々あったそう。
しかし、着丈やシルエット・素材など、
全てにおいてしっくりくる、
女性が着て1枚でサマになるものがなかなかなく、
自分にとって理想的な男女共通に着られる
ユニセックスな洋服を作りたいという想いから
今シーズンのウェアが作られました。


T-shirts
今シーズンの代表作といえるのがTシャツ。
「肩で着るTシャツ」をコンセプトに、
脇ハギをなくし、
Tシャツ自体が筒のような立体的な作りになっていて、
着る人の体型に合わせてボックスシルエットがでるよう
設計されています。
スタニングルアー / MARGINAL MAN
スタニングルアー / MARGINAL MAN
スタニングルアー / MARGINAL MAN
ハーフスリーブT / ¥6,500(+tax)

ベーシックなホワイト・ブラックの2色展開。
生地にとてもこだわり、特注のオリジナル生地を使用しています。
特殊な編み方で強撚感を出し、しっかりとした肉厚感で、
ハリがあり、かつカジュアルさを兼ねそろえた他にはないタフな素材です。
スタニングルアー / MARGINAL MAN
ブラックはあえて真っ黒ではなく、
ヴィンテージライクな少し色褪せた黒を採用。
真っ黒よりもこなれ感があり、
かっちりとした綺麗めなボトムスを合わせても抜け感があって
こなれた雰囲気にキマります。
スタニングルアー / MARGINAL MAN
首元のリブもオリジナルで別注。
洗濯するたびによれよれになってくるリブが
サマにならず嫌、というデザイナーの想いから、
肉厚でしっかりとしたリブを作りました。
スタニングルアー / MARGINAL MAN
脇の縫い目をなくす代わりに、バックで縫い合わせることで、
後ろの余分なたまりがなくなり、
後ろ姿も綺麗に見えるよう計算されて作られています。
どんな体型の人でも前から見ても後ろから見ても
キレイなボックスシルエットに。
たとえば、バストがある方は
普通のTシャツだと着丈があがってしまったりして、
かっこよくTシャツが着こなせなかったりする。
そんな悩みも解消してくれます。
スタニングルアー / MARGINAL MAN
スタニングルアー / MARGINAL MAN
また、五分袖のハーフスリーブって
メンズのTシャツにはよくあるけど、
着丈も身幅も凄く大きかったりして、
女性が着るとだらしなく見えてしまったりしますよね。
こちらは、着丈も身幅もレディースサイズに設定し、
さらに生地にハリ感があるので
ハーフスリーブもしっかりと立ち、
デザインのポイントのひとつとなっています。
1枚で着てサマになるTシャツです。
スタニングルアー / MARGINAL MAN



Hoody
今すぐ着られてオススメなのがフーディ。
メンズサイズのフーディをベースにした
女性らしさも兼ねそろえた1着。
スタニングルアー / MARGINAL MAN
スタニングルアー / MARGINAL MAN
へヴィーストレッチフーディ / ¥24,000(+tax)

こちらも生地をオリジナルで作ったこだわりの1着。
裏毛素材でとてもあたたかく、
生地の表面感は綿100%ですが、
伸縮性のある糸を合わせて編み上げているので、
生地にハリ感が出て、カジュアルさとモードさが両立し、
シルエットを綺麗に作ってくれます。
スタニングルアー / MARGINAL MAN
裾の紐はそのままたらせばボックスシルエット。
きゅっと絞ってブラウジングすれば、
シルエットを変えて着ることもできる2WAY。
スタニングルアー / MARGINAL MAN
スタニングルアー / MARGINAL MAN
襟ぐりにスリットを入れることで、
メンズライクなフーディですが、
抜け感があり、女性らしく着ることができます。
中にTシャツをインしてレイヤードするのも
おすすめです。
スタニングルアー / MARGINAL MAN

いかがでしたか?
ベーシックなアイテムこそ、
シルエットや素材にこだわりぬき、
大切に作られた物を着ることで、
見え方がぱっと変わってきます。

MARGINAL MANのウェアは
そのことを袖を通すと体感することができます!
今回ご紹介した商品は2月上旬入荷予定。
ぜひお試しください。


【店舗発売日】
ONLINE SHOP:2/6(水)18:00~
青山店:2/6(水)
その他店舗:2/8(金)
-STYLING ITEM-

スタニングルアー / MARGINAL MAN
ハーフスリーブT
MARGINAL MAN
¥6,500

スタニングルアー / MARGINAL MAN
ヘヴィーストレッチフーディ
MARGINAL MAN
¥24,000

Chroniques by Delphine Delafon 2nd season

STUNNING LUREから2018SSにデビューした
“Chroniques by Delphine Delafon”。

早くも2ndシーズンが登場!
今回のテーマは”アーバンダカール”。
”アーバンダカール”とはセネガルの首都のこと。
前回の海やバカンスなどのイメージから一変した
都会的なイメージを表現したコレクションに
仕上がっています。

デザイナーは
世界中で根強いファンの多いブランド、
“Delphine Delafon“の創業者兼デザイナーである
Delphine Delafonさん。

今回も、バイヤーがDelphineさんと現地で
素材やカラー、デザイン等の細かいところを
納得行くまで打ち合わせをし、
今回のコレクションが出来上がりました。

彼女が様々な素材や色を組み合わせて作るバッグたちは、
‟ダスティカラーとシャイニーな素材感”や
‟多国籍/MIX感”を感じる色合わせや
素材、パッチワークなど、
STUNNING LUREの秋冬のキーワードを取り入れた、
唯一無二のものに仕上がっています。

バッグは全3型の9種類。
種類別にご紹介します。

1.Shoulder(small)

SSでも大人気だったミニショルダーバッグ。
携帯やお財布などを入れるのに丁度よく、
ななめがけできて、ハンズフリーで
お出かけできるのが嬉しい。



レザー・シャイニー・レオパードファー
スウェード・スタッズなど
それぞれ他にはない素材とカラーの組み合わせが◎


各¥24,000


2.Bucket

程よく存在感があり、
必要な物は十分入る
使いやすいバケツタイプ。



ブラックとパイソン、バイカラーの3種類をご用意。
スタイリングの邪魔をせず格上げしてくれる、
コロンとしたさりげなさが◎
持ち手の紐でショルダーとしても使える2WAY仕様。
ボタン付きの外ポケットが便利です。



ブラック・パイソン ¥26,000
バイカラー ¥28,000


3.Shoulder(large)

今シーズン初めて登場する、大きめのショルダーバッグ。



ちょっとした小旅行も行ける大容量。
もちろん、ワーク用にパソコンや
書類もらくらく入っちゃう。
荷物の大きい忙しいママにもおすすめサイズです。
存在感があるのでスタイリングの主役に◎


各¥30,000


ダスティカラーと素材感が、
持つだけで秋冬ムードを感じさせてくれる
今回のコレクション。
まずはバッグから秋を取り入れてみませんか?

2ndシーズンは数量限定生産。
残念ながら…次回のコレクションは未定のため、
今回のコレクションをお見逃しなく!

【店舗発売日】
ONLINE SHOP:9/12(水)18:00~
青山店・新宿店・有楽町店:9/12(水)
その他店舗:9/14(金)


■Designer’s Profile
Delphine Delafon アメリカ生まれ、パリ在住。
Irié、Carven、Michel Kleinなど
デザイナーのもとで働いたのち、
24歳の時に初めて自身のブランドHeimstoneの
立ち上げを経て2010年自身の名前である
Delphine Delafonを設立する。
一人一人の女性にあわせて素材や
パーツを選びオリジナルのバッグを作ることは
当時斬新で、シリアルナンバーが印字された
アイコンであるバスケットバッグは
パリジェンヌにとって欠かせないものとなった。
2016年バッグコレクションが成功を収めたのち、
レザーウェアをコレクションに加えた。
2017年ブランドを閉じ、
2018年よりフリーランスとして活動を始める。