How to wear gown coat / Part 1

今年一番気になるのは、ガウンタイプのコート。

ガウンのようにラクに羽織れるし、女らしさも満載。
きちんと感や、トレンドもあわせ持つ優れものなのです。
もうトライしてみましたか?

スタニングルアー20151027-1

リバーコート (ブラック・アイスブルー)¥48,000-(+Tax)

一枚仕立て、超軽量のこのコートは、
カットソーや薄手のニットに合わせて、今すぐ着たい。

裏地がないから、着る時期が短すぎると心配になりがちだけど、
オーバーシルエットなので、ボリュームのあるあたたかニットや
ジャケットなどのアウターを着込んでもOK。
着方次第で秋初めから冬真っ只中までも大活躍してくれるはず。
(↓季節ごとの着こなしをCHECK!)

気温が変わりやすい今の時期には、
温度調整が簡単にできる臨機応変さがマスト。
脱いだ時に、手に持つことも気にならない軽さが嬉しい。
片手で収まるこのボリュームなら、持つ姿でさえスマート。
スタニングルアー20151027-2
ヒールじゃないとバランスが取れないコートが多いなか、
リバーコートなら、ペタンコ靴でもさまになる!
スタニングルアー20151027-3 万能に使いやすいブラック。
今年はオールブラックでまとめるのも◎ 
  スタニングルアー20151027-4
スタニングルアー20151027-5

11月
スタニングルアー20151027-6
柔らかいウール地は、首回り小物もアレンジしやすい。
寒さ対策にもなるビッグストールを、
ボリューミィに巻いたり、さらっとかけるだけでもキマる。

スタニングルアー20151027-7
スタニングルアー20151027-8
スタニングルアー20151027-9

12月
寒い季節は、
お持ちのファーベストやダウンとのレイヤードがおすすめ。
ゆとりがあるから、中に着こんでも窮屈にならない。
スタニングルアー20151027-10
スタニングルアー20151027-11
スタニングルアー20151027-12
お持ちのアイテムをあれこれ組み合わせるのが楽しくなるアウター。
色々なバランスをぜひ試してみて。

※モデル (H 162cm) コート着用サイズ 2